デジサート証明書

証明書の期限切れを起こさない

2022/06/17
DIGICERT CERTCENTRALのTLS/SSL 自動化

証明書の期限切れを
起こさない

DIGICERT CERTCENTRAL の TLS/SSL 自動化
デジサートCertCentralは、ツール、経験、自動化によって、
常に万全のセキュリティを維持します。

シームレスな証明書ライフサイクル

CertCentralは、TLS/SSL証明書の発行、インストール、検査、修復、 更新などの作業を統合して、
証明書ライフサイクル全体を簡素化します。
ライフサイクルのすべてが 1 つのプラットフォームに。

CertCentralのアカウントの発行をご希望の場合は、当社までお知らせください。
お問い合わせはこちら >>

発行

複数の個人およびチームに対する大量の証明書発行をより迅速に管理します。
ロールベースのユーザーアクセスとドメインの事前検証により、検査や修復などのより重要なタスクに費やすことができる時間を節約できます。

インストール

SCEP、REST、EST、または自動申請を使って、ネットワーク上のデバイスやユーザーへの証明書の発行を自動化できるので、操作不要でTLS/SSL証明書を配布できます。

検査

ワンクリックだけで、TLS/SSL証明書に脆弱性、あるいは脆弱な設定がないかどうかスキャンし、セキュリティの低下を防ぎます。
ネットワークの状態に関する分析結果やレポートは、いつでも確認できます。

修復

CertCentralで問題が検出された場合は、証明書に関するほぼすべての問題について、詳細な回答と共に改善策が提案されます。
証明書を失効させる必要が生じた場合も、ワンクリックするだけの操作です。

更新

TLS/SSL証明書が失効すると、企業にとっては何百万ドルという損失になりかねません。
CertCentralの自動更新オプションが、証明書を手動で追跡する手間省くので、想定外の停止を避けることができます。

自動化

ACME+CertCentralの組み合わせで、事実上あらゆるクライアント、あらゆる種類のサーバーを使っても、任意の方法で発行を自動化することができます。
つまり、CertCentralでACMEを有効にすれば、煩雑な手作業に費やす時間を減らせるということです。
営業担当者にお問い合わせください。

1.すべての証明書のライフサイクル管理を60秒か、それ以下でする方法

2.証明書を60秒以内に自動的に更新する方法

3.証明書の問題点を60秒以内に見つけて修正する方法

位置について、用意、自動化!

これまで、証明書には2つのボトルネックがつきものでした。
承認と更新です。
今では、この2つの作業も含めて、数回のクリックで簡単に自動化できるようになりました。
これがレースだとしたら、勝利は約束されたも同然です。

役割分担で効率アップ

管理者から財務管理者、標準ユーザーまでさまざまなロールベースのユーザーを追加して、証明書管理のタスクを割り当てることができます。
数が力になるのです。

役割分担で効率アップ

管理者から財務管理者、標準ユーザーまでさまざまなロールベースのユーザーを追加して、証明書管理のタスクを割り当てることができます。
数が力になるのです。

REST にお任せ

DigiCert RESTful APIを使えば、DigiCert CertCentralのあらゆる機能を活用して、チームの通常のワークフローに組み込むことができます。
遮二無二ではなく、賢い働き方です。

SERVICENOWでTLS/SSLを管理

ServiceNowプラットフォームでDigiCert CertCentral TLS Managerを使えるようになったので、現在のワークフローの都合に応じて新しいTLS/SSL証明書を発行し、追跡できるようになりました。

SERVICENOWでTLS/SSLを管理

ServiceNowプラットフォームでDigiCert CertCentral TLS Managerを使えるようになったので、現在のワークフローの都合に応じて新しいTLS/SSL証明書を発行し、追跡できるようになりました。

導入をご検討中の方や、ご質問・ご相談・お見積など
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください

045-548-4656

「導入ご検討の方やご相談等」お問い合わせ 「3分でわかるBIMI/DMARC」資料ダウンロード

Knowledgeセキュリティの最新情報