デジサート証明書

DMARC/BIMI導入 個別相談会実施のお知らせ

2022/08/22
メールブランディングとフィッシング詐欺予防

DMARC/BIMI導入 個別相談会実施のお知らせ

企業メールに必須!
メールのブランディングとフィッシング詐欺を予防する
施策の個別相談会(オンライン/無償)を実施


Brand Keeper(ブランドキーパー)の名称で企業や公共団体へのセキュリティソリューション・デジタル証明書を提供する 株式会社サイバービジョンホスティング(本社: 神奈川県横浜市、代表取締役:古木 一行)は、メールの信頼性レベルを飛躍的に向上させることができるBIMI(Brand Indicators for Message Identification)基準で使用する「VMC(Verified Mark Certificates/検証済みマーク証明書)」の提供及び、DMARC/BIMI導入及び運用のコンサルティング業務を行っています。

今秋よりiOSでも適用されるBIMI基準への対応は、企業メールに必須となっており、この度導入に関する個別相談会を実施する運びとなりました。

より信頼できるブランドへ

現在、多くの消費者にとって「信頼できるか」どうかがブランド選定時に非常に重視されており、「より信頼できるブランドから商品を買いたい」というニーズはより一層高まっています。
しかしながら、毎日多くのメールが配信される中、顧客のメールボックス内で顧客の信頼や注目を得ることは非常に困難です。
スパムメールや偽装メールが増え続け、信頼できるメールであっても開封率・到達率が下がってしまう状況の中、「どうやったら自社のメールを消費者に届けられるだろう?」とお考えの企業にとって、メール到達率や開封率の向上がどれだけ困難かは容易に想像できます。

BrandKeeper(ブランドキーパー)がご提供するVMC(verified mark certificate/認証マーク証明書)及び、BIMI (brand indicators for message identification/メールにブランドの信頼性を付与する技術)を使うことにより、企業・組織のメールをブランディングし、エモテット等の被害から顧客を護ることが可能となります。

>>BIMI/VMCによる企業メールのブランディング

BIMI導入の方法は?

BIMIを利用するには、SPFとDKIMおよびDMARCの設定と、VMC証明書の取得が必要となります。
この他、BIMI基準に則ったロゴ画像の準備やロゴの商標登録が必要です。

BrandKeeperでは全ての対応へのサポートをご用意しており、ニーズに合わせてサポートメニューを選択いただくことが可能です。

・認証マーク証明書(VMC)とは何か、なぜ必要なのか
>>https://brandkeeper.jp/knowledge/vmc-marketing-guide/

・メールマーケティングでロゴを表示して、安全な送信者IDを表示しましょう
>>https://brandkeeper.jp/knowledge/vmc-marketing-guide/

・認証マーク証明書(VMC)とは何か、なぜ必要なのか
>>https://brandkeeper.jp/knowledge/digicert-vmc-datasheet/

・企業がDMARCをセットアップする方法
>>https://brandkeeper.jp/knowledge/dmarc-guide-jp/

・認証マーク証明書(VMC)は何枚必要ですか?
>>https://brandkeeper.jp/knowledge/how-many-vmcs-will-i-need/

>>「VMC/BIMI/DMARC」とは

個別相談会(オンライン・無料)で不明点や導入に必要な対応についてご確認ください

上記のように、企業メールにBIMI/VMCを適用するには、決められた要件を満たす必要があります。
また、施策によってメールやドメインに悪影響が出ないよう、状態を確認しながら慎重に対応を進める必要があります。

当社CVHはいくつかの著名な企業と共に、DigiCertとGmailのBIMI/VMCパイロットに参加した日本企業です。
私たちBrandKeeper(ブランドキーパー)の専門スタッフがフルサポートいたしますので、安心してお任せください。
まずはBrandKeeperの個別相談会にお申込みいただき、導入までの対応方法をご確認ください。

>>お問合せはこちら

本件に関するお問合せ先:
───────────────────────────────────
■サービスサイトURL: https://brandkeeper.jp

■会社概要
社名   : 株式会社サイバービジョンホスティング
所在地  : 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-12 共立新横浜ビル5階
設立   : 2009年07月
代表   : 代表取締役 古木 一行
事業者番号: 一般第二種電気通信事業者 総務省届出番号 A-21-10690
■本件に関するお問合せ先:
リスクマネジメントソリューション(RMS)事業部
TEL :045-548-4656
E-MAIL:info@rms.ne.jp, info@brandkeeper.jp
───────────────────────────────────

導入をご検討中の方や、ご質問・ご相談・お見積など
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください

045-548-4656

「導入ご検討の方やご相談等」お問い合わせ 「3分でわかるBIMI/DMARC」資料ダウンロード

Knowledgeセキュリティの最新情報