Dmarcian ソリューション - 企業のセキュリティ・ブランディングの課題解決!BrandKeeper(ブランドキーパー)

ソリューション

2024/05/22

ソリューション

ホーム > dmarcian > ソリューション

メールの受信、処理、分類

DMARCレポートとして取得できる情報は XML 形式であるため、そのままでは利用しにくいデータです。Dmarcianのプラットフォームは、強力かつ適切な方法でデータを視覚化するため、認証ギャップ (SPF/DKIM) やドメインの不正利用(なりすまし)を迅速に特定できます。

Dmarcianのプラットフォームは、DMARC データを集約するだけでなく、DMARC を明確かつ確実に導入するために必要な機能をご提供します。業界で最も正確な送信元分類エンジンを搭載しており、ユーザーは特定のメール ストリームの本当の送信元を保証できます。

Dmarcian は、2012 年にDMARC基準が開始されて以来、DMARC データを取り扱っており、確かな知見と信頼性によって世界的に高く評価されています。

DMARC管理プラットフォーム

  • ドメインの概要

    メインの概要には、すべてのドメインとソースのステータスの概要が含まれています。最近の虐待があった地理的位置も表示されます。ドメインの状態を一目で確認し、電子メール ドメインのロックダウンに取り掛かります。

    ドメインの概要については、こちらをご覧ください。
  • 詳細ビューア

    Detail Viewer は、さまざまな方法で DMARC データを探索し、電子メール ソースを DMARC に準拠させる方法について情報を提供できる包括的なデータ検出ツールです。

    詳細ビューアの詳細については、こちらをご覧ください。
  • ソースビューア

    ソース ビューアには、すべてのドメインまたはドメイン グループにわたって検出された DMARC 対応ソースの概要が表示されます。

    ソース ビューアの詳細については、こちらをご覧ください。
  • ドメインの検出

    登録したドメインがわからない場合は、 dmarcian がお手伝いします。 Domain Discovery を使用すると、dmarcian はデジタル資産を自動的に検出し、カタログに追加できます。

    ※ これはEnterpriseのみの機能です。

  • API

    API を使用して、DMARC SaaS プラットフォームを独自のダッシュボードまたは SOC にシームレスに統合します。

    ※ これはEnterpriseのみの機能です。

  • シングルサインオン

    当社の DMARC SaaS プラットフォームを使用すると、お客様はシングル サインオンを使用してセキュリティ設定を拡張できます。シングル サインオンを使用すると、組織はアクセス要件を定義/管理できるようになり、ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除が簡素化されます。現在、SAML V2.0 をサポートしています。

    ※ これはEnterpriseのみの機能です

  • 自動サブドメイン検出

    当社の DMARC 管理プラットフォームは、サブドメインを自動的に検出、処理、並べ替え、表示し、ユーザーにどのサブドメインが価値があるかを選択するオプションを提供します。

Dmarcianを利用しない場合

メールの送信数によっては、日々届く膨大なDMARCレポートのXMLデータを処理する必要があります。

Dmarcianを利用する場合

DMARC の XML フィードバックには有用な情報が含まれており、Dmarcian はそれを理解するのに役立ちます。

ドメインをコンプライアンスに準拠させます。
dmarcian を無料で試してみましょう!

導入をご検討中の方や、ご質問・ご相談・お見積など
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください

045-548-4656

Knowledgeセキュリティの最新情報