デジサート証明書

【無償 脆弱性診断キャンペーン】を期間限定で実施。セキュリティリスクを把握し急増するサイバー攻撃に備えましょう

2022/07/20
無償 脆弱性診断キャンペーン

【無償 脆弱性診断キャンペーン】を期間限定で実施。
セキュリティリスクを把握し急増するサイバー攻撃に備えましょう


今話題のダークウェブへの漏洩調査付!
脆弱性・セキュリティリスクの把握とその対策にお役立てください

侵入されることを前提とした多層防御(ゼロトラスト)への経営戦略・セキュリティ対策の見直しが急務

サイバー攻撃から企業・組織のブランドを保護し、ブランド力を強化するソリューションを提供する「BrandKeeper(ブランドキーパー)」を運営する株式会社サイバービジョンホスティング(以下 CVH、本社: 神奈川県横浜市、代表取締役:古木 一行)は、期間限定にて「ダークウェブ情報漏洩+脆弱性 無償診断(診断レポート付)」を実施いたします。

テレワークを中心とした働き方改革の浸透、サイバー攻撃による被害増大(外部脅威)により、侵入されることを前提とした多層防御(ゼロトラスト)への経営戦略・セキュリティ対策の見直しが急務となっています。

まずは無料の診断で貴社の状態を把握し、情報セキュリティ対策の見直しにお役立てください。
先着順・定員になり次第締め切らせていただきますので、是非お早めにお申し込みください。

>>あなたの企業・組織の評判と従業員を守るダークウェブ診断の必要性

このようなお悩みはありませんか?

・セキュリティは技術的要素が多く、直接利益を生むわけでは無いため、投資対効果の説明が難しい。経営層から理解を得ることが出来ない
・働き方改革に伴いシステム担当への業務負荷が高まっており、新しい仕組みを運用するリソースが足りない
・様々なセキュリティ対策を導入しているが、どこまで対策を打てば十分なのかが分からない

情報セキュリティ監査(セキュリティ対策の可視化・評価)が解決します

・第三者の立場から自社のセキュリティ対策状況を可視化・評価することで、経営層も自社のリスクを客観的に把握
・自社のウィークポイントを見つけ、対策に優先順位をつけることで、限られたリソース・人員の有効活用が可能
・セキュリティポリシーが現場で運用されているか、実態と乖離が無いかを評価し、運用の見直しに活用

誰もが標的になるリスクがあります

会社の規模に関係なく、誰もがサイバー攻撃の標的になるリスクがあります。
攻撃が発生するか?よりも、効果的な準備をどのようにするかによって、避けられない事態に備えることができます。
サイバー脅威や攻撃の防止、検出、および対応の準備がどれだけ整っているかを確認し、必要な対策を行うことが大変重要です。

このような危険性を放置していませんか?
・ネットワーク、サーバ、デバイス、またはアプリケーションにパッチが適用されていない脆弱性がある
・セキュリティプロセスや手順が不十分である(または、プロセスや手順が文書化されていない)
・従業員が脆弱な、あるいは安全でないクレデンシャルに依存している
・従業員がサイバーセキュリティの脅威を認識し、対応するためのトレーニングを受けていない
・不適切に設定されたサーバやウェブサイトが、機密情報の収集や保存に使用されている

>>DIGICERT2022セキュリティ予測

>>お問合せ・お申込みはこちら

ダークウェブ 情報漏えい診断とは

インターネット上のWebサイトは、「サーフェイスウェブ(表層Web)」「ディープウェブ(深層Web)」の2つに大別されます。一般のWebブラウザでアクセスできるサーフェイスウェブに対し、ディープウェブは検索エンジンではヒットしない領域です。

ダークウェブとは、ディープウェブの中でも特定の技術を用いなければアクセスできない領域の事を言います。ダークウェブでは、匿名で通信元を特定させずに通信を行う事が可能なため、攻撃者(ハッカー)による違法な取引や犯罪の温床になっています。

ダークウェブでハッカーによりやり取りされる情報は、メールアドレス、アカウントのID・PW、クレジットカード情報、住所、電話番号などの非常に重要な個人情報です。ハッカーは、Webサイト等の脆弱性を突いて情報を盗み出し、ダークウェブ上で売買を行う事で利益を得ています。

私たちCVHは、期間限定で「ダークウェブ情報漏洩調査」を無料で実施し、お客様の情報資産保護に寄与いたします。

「サイバー攻撃対策= IT システムの健康診断」定期的なチェック・対策が重要です

ダークウェブ モニタリングにより、継続的な監視・発見・対策が可能になります。
進行中のフィッシングキャンペーンやドメインスクワッティングキャンペーン、偽のソーシャルネットワークアカウント、ブランドを悪用する悪意のあるモバイルアプリ、オンプレミスの侵入の痕跡(IoC)を早期発見することが可能に。

脆弱性の放置は、悪意ある第三者の攻撃を許し、不正アクセスによる個人情報や機密情報の漏洩・ウイルス感染など、深刻な事態を招く事になります。
適切な対応を取るためには、脆弱性・セキュリティリスクの状況を正確に把握し、優先順位を付けて対策を行っていく事が重要です。

私たちCVHは、多くの企業のインフラ構築・セキュリティ対策を行って来た知見を活かし、ダークウェブへの情報流出・脆弱性を無償で診断します。

ご希望に応じて、各種脆弱性の専門知識や経験を有するスタッフによる、より詳細な調査・対処判断・適切な処置のご提案も可能です。
まずはこの機会に、無料メールセキュリティ調査をご利用いただき、貴社や貴社お客様のセキュリティ対策にお役立てください。

>>ダークウェブ診断の必要性

キャンペーン内容

キャンペーン期間中のお申込みに限り、無料で以下内容の簡易調査及びレポート(結果報告書)のご提供をいたします。
・ダークウェブ情報漏洩の簡易調査(1組織、1ドメイン名まで無料)
・脆弱性簡易診断(1組織、1ドメイン名まで無料)

キャンペーン期間

2022年7月25日~2022年8月19日 15時まで
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
ご好評により、毎回期日前に締め切らせていただいておりますので、ぜひお早めにお申込ください。

>>お問合せ・お申込みはこちら

───────────────────────────────────
■サービスサイトURL: https://brandkeeper.jp

■会社概要
社名   : 株式会社サイバービジョンホスティング
所在地  : 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-12 共立新横浜ビル5階
設立   : 2009年07月
代表   : 代表取締役 古木 一行
事業者番号: 一般第二種電気通信事業者 総務省届出番号 A-21-10690
親会社  : 株式会社ソフィアホールディングス(JASDAQ:6942)

■本件に関するお問合せ先:
リスクマネジメントソリューション(RMS)事業部
TEL :045-548-4656
E-MAIL:info@rms.ne.jp, info@brandkeeper.jp
───────────────────────────────────

導入をご検討中の方や、ご質問・ご相談・お見積など
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください

045-548-4656

「導入ご検討の方やご相談等」お問い合わせ 「3分でわかるBIMI/DMARC」資料ダウンロード

Knowledgeセキュリティの最新情報