デジサート証明書

【DigiCertリリース】 VMC(認証済みマーク証明書/Verified Mark Certificates)

2021/07/13
DigiCert VMC(認証済みマーク証明書/Verified Mark Certificates)がリリースされました。

詳しくはこちら>>>>

Verified Mark Certificates (VMCs), part of Google-driven Brand Indicators for Message Identification (BIMI) initiative, provide a visual trust indicator when Domain-based Message Authentication Reporting & Conformance (DMARC)-verified emails reach the inbox
(LEHI, Utah) – (July 12, 2021) – DigiCert, Inc., the world’s leading provider of TLS/SSL and PKI solutions, today announced that it is now issuing Verified Mark Certificates, compliant with the BIMI standard and available for purchase at scale via DigiCert CertCentral®, DigiCert partners and at www.digicert.com. VMCs issued by DigiCert enable companies to add their trademarked logos to emails they send to their customers to increase recognition, open and engagement rates and brand impressions, while bringing greater trust and transparency to email via DMARC. Gmail now recognizes VMCs and displays company logos in the user's inbox.
Paired with the required DMARC enforcement, VMCs are a critical step in a series of security measures that help strengthen email security, build trust in the inbox and help users associate the brand logo with the company they expect to communicate with. VMCs:
Allow companies to place a verified, trademarked logo alongside their email.
Enable customers to see the sender’s brand in the inbox of their mobile client before opening the email.
Provide marketers an affordable way to achieve more brand impressions.
“Validating identity and demonstrating trust are hallmarks of DigiCert's business,” said DigiCert Senior Director of Business Development Dean Coclin. “With BIMI and VMC from DigiCert for DMARC-verified domains, organizations can now demonstrate to their customers a higher level of email security. DigiCert VMCs not only help reduce instances of spam and spoofing customers receive, because of the DMARC requirement, but they also enable organizations to go beyond displaying default email addresses to increase engagement rates and display their brands more prominently.”
VMCs are available as part of the BIMI standard, which seeks to increase adoption of DMARC as a key email security mechanism. By utilizing VMCs secured by DMARC, organizations demonstrate their commitment to email security and protection of customer privacy. DMARC compliance provides robust security against spoofing and phishing attacks, helping organizations better secure their emails to protect users and brands from costly abuse. Email clients leverage DMARC, an internet standard for authenticating domains to help ensure that email comes from the domain specified.
As an authorized provider of VMCs, DigiCert’s leading validation and issuance teams now provide the company and logo verification required for BIMI, following a one-year pilot with the BIMI Working Group. Several prominent companies participated with DigiCert in the Gmail BIMI/VMC pilot and are excited about being able to display their logos in email inboxes. DigiCert has also partnered with Valimail to streamline DMARC compliance for companies wanting to use VMCs.
“BIMI and VMC are a significant win for customers and brands of all sizes. DMARC ensures customers don’t get spoofed email from the brands they trust, and BIMI ensures brands get increased impressions, open rates and brand trust,“ said Seth Blank, Chair of the AuthIndicators (BIMI) Working Group and Chief Product Officer at Valimail. “We’re thrilled to have DigiCert’s help in bringing VMC and BIMI to the world.”
“BIMI authenticates emails using DMARC, a key protection against email phishing, spoofing and other attacks,” explained Gareth Mandel, CEO of eharmony. “We worked closely with our IT department to make sure our organization enforced DMARC so that VMCs could be installed and display our verified logo. Our partnership on this project has even further strengthened the connection between our CRM and IT teams.”
“With the display of validated brand logos and DMARC enforcement, VMCs improve email security and increase open rates,” said Ikko Furuki, CEO of Cybervision Hosting Co., Ltd. “Users can have confidence in knowing which company is sending them the email, which we feel will help protect our customers and increase their loyalty. With the global support of DigiCert and Gmail, we will soon be able to offer VMC in the regions where we do business.
DigiCert VMCs are available today at any scale via DigiCert CertCentral, DigiCert partners or digicert.com. CertCentral offers automation for organizations to issue, discover, renew and revoke certificates, to drive innovation of manageable, enterprise-scale security. Its intuitive user interface and API-first approach enable easy certificate management at scale. CertCentral customers have access to DigiCert’s global support staff for quick validation and support in 11 native languages in their local time zone as they work to understand and deploy VMCs. 
Companies can start today adding their logo to their emails by visiting DigiCert Verified Mark Certificates.


機械翻訳

Google主導のメッセージ識別用ブランドインジケーター(BIMI)イニシアチブの一部である検証済みマーク証明書(VMC)は、ドメインベースのメッセージ認証レポートおよび適合性(DMARC)で検証された電子メールが受信トレイに到達したときに視覚的な信頼インジケーターを提供します。
(ユタ州レヒ)–(2021年7月12日) – TLS / SSLおよびPKIソリューションの世界有数のプロバイダーであるDigiCert、Inc。は本日、BIMI標準に準拠し、購入可能な検証済みマーク証明書を発行すると発表しました。DigiCertCertCentral®、DigiCertパートナー、およびwww.digicert.comを介して大規模に。DigiCertによって発行されたVMCを使用すると、企業は顧客に送信する電子メールに商標ロゴを追加して、DMARCを介した電子メールの信頼性と透明性を高めながら、認知度、オープン率、エンゲージメント率、ブランドの印象を高めることができます。GmailはVMCを認識し、ユーザーの受信トレイに会社のロゴを表示するようになりました。
必要なDMARC施行と組み合わせることで、VMCは、電子メールのセキュリティを強化し、受信トレイの信頼を構築し、ユーザーがブランドロゴを通信する予定の会社に関連付けるのに役立つ一連のセキュリティ対策の重要なステップです。VMC:
企業が検証済みの商標ロゴを電子メールの横に配置できるようにします。
電子メールを開く前に、顧客がモバイルクライアントの受信ボックスで送信者のブランドを確認できるようにします。
より多くのブランド印象を達成するための手頃な方法をマーケターに提供します。
「IDの検証と信頼の実証は、DigiCertのビジネスの特徴です」とDigiCertのビジネス開発担当シニアディレクターであるDeanCoclinは述べています。「DMARCで検証されたドメイン向けのDigiCertのBIMIとVMCにより、組織はより高いレベルの電子メールセキュリティを顧客に示すことができるようになりました。DigiCert VMCは、DMARC要件により、顧客が受け取るスパムやなりすましのインスタンスを減らすのに役立つだけでなく、組織がデフォルトの電子メールアドレスを表示するだけでなく、エンゲージメント率を高め、ブランドをより目立つように表示できるようにします。」

VMCは、主要な電子メールセキュリティメカニズムとしてDMARCの採用を増やすことを目的としたBIMI標準の一部として利用できます。DMARCによって保護されたVMCを利用することにより、組織は電子メールのセキュリティと顧客のプライバシーの保護への取り組みを示します。DMARCコンプライアンスは、なりすましやフィッシング攻撃に対する堅牢なセキュリティを提供し、組織が電子メールをより安全に保護して、コストのかかる悪用からユーザーとブランドを保護するのに役立ちます。電子メールクライアントは、ドメインを認証するためのインターネット標準であるDMARCを利用して、指定されたドメインからの電子メールを確実に送信できるようにします。
VMCの認定プロバイダーとして、DigiCertの主要な検証および発行チームは、BIMIワーキンググループでの1年間のパイロットの後、BIMIに必要な会社およびロゴの検証を提供します。いくつかの著名な企業がGmailBIMI / VMCパイロットにDigiCertに参加し、メールの受信トレイにロゴを表示できることに興奮しています。DigiCertはValimailとも提携して、VMCを使用したい企業のDMARCコンプライアンスを合理化しました。
「BIMIとVMCは、あらゆる規模の顧客とブランドにとって大きな勝利です。DMARCは、顧客が信頼するブランドから偽装された電子メールを受け取らないようにし、BIMIは、ブランドが印象、オープンレート、ブランドの信頼を高めることを保証します」と、AuthIndicators(BIMI)ワーキンググループの議長でValimailの最高製品責任者であるSethBlankは述べています。「VMCとBIMIを世界にもたらすためにDigiCertの助けを借りることに興奮しています。」
「BIMIは、電子メールのフィッシング、なりすまし、その他の攻撃に対する主要な保護であるDMARCを使用して電子メールを認証します」と、eharmonyのCEOであるGarethMandel氏は説明します。「私たちはIT部門と緊密に連携して、VMCをインストールし、検証済みのロゴを表示できるように、組織がDMARCを実施していることを確認しました。このプロジェクトでのパートナーシップにより、CRMチームとITチーム間のつながりがさらに強化されました。
「検証済みのブランドロゴの表示とDMARCの実施により、VMCはメールのセキュリティを向上させ、オープンレートを向上させます」と 株式会社サイバービジョンホスティング(CVH)のCEOである古木一行は述べています。これは、お客様を保護し、お客様の忠誠心を高めるのに役立つと私たちは感じています。DigiCertとGmailのグローバルなサポートにより、私たちがビジネスを行っている地域でVMCをまもなく提供できるようになります。」
DigiCert VMCは、DigiCert CertCentral、DigiCertパートナー、またはdigicert.comを介して、今日、あらゆる規模で利用できます。CertCentralは、組織が証明書を発行、検出、更新、および取り消すための自動化を提供し、管理可能なエンタープライズ規模のセキュリティの革新を推進します。その直感的なユーザーインターフェイスとAPIファーストのアプローチにより、大規模な証明書管理が容易になります。CertCentralのお客様は、DigiCertのグローバルサポートスタッフにアクセスして、VMCの理解と展開に取り組む際に、現地のタイムゾーンで11の母国語で迅速な検証とサポートを行うことができます。 
企業は本日、DigiCert Verified Mark Certificatesにアクセスして、電子メールにロゴを追加することができます。

導入をご検討中の方や、ご質問・ご相談・お見積など
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください

045-548-4656

「導入ご検討の方やご相談等」お問い合わせ 「3分でわかるBIMI/DMARC」資料ダウンロード

Knowledgeセキュリティの最新情報

詳しくはこちら